スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    何が違うの?「ベビーマッサージ」と「中医ベビーマッサージ」(3)〜半信半疑で体験した「中医ベビーマッサージ」の真髄とは?〜

    中医ベビーマッサージ comments(0) - kibi
    JUGEMテーマ:自然な育児 

    (前回の続き)

     ベビーシッターさんが教えてくれた「中医ベビーマッサージ」とは、いつもやっている一般的なベビーマッサージと違い、「中医推拿」の「経路」と「ツボ」を使うことで、症状に合わせてまさに薬の代わりになるというもの。「ほんとかなぁ・・」と半信半疑で聞きながらも、家に帰ってから中国語のサイトで「中医小児按摩」を調べたら、実にたくさんの情報が一気に目に飛び込んできたのです!!

     

    「こんなにたくさんの人が子供に受けさせていたんだ!」

    「薬なしで体調管理ができるんだ!」

    「下痢、便秘など、ママたちが一番困っている症状が、一発で改善できるんだ!」

     

    まさに自分がいま直面して困っている、あるいは将来使えそうな情報がいっぱいあり、さらにさらに興味が湧いて来ました。


    そしてトラ君が風邪を引いたとき、専門の病院(子供中医推拿専門病院は今上海に結構あります)に連れて行って、はじめて「中医マッサージ」を受けてみたのです。


     


    初めて体験しいた「中医ベビーマッサージ」・・・。ウワサ通りのスグレものですぐに効果が表れました!!!

     

    でも、実は一回だけではなかなか完治まで辿り着かなかったことも事実です。どうやら一回風邪をひいた場合、マッサージを続ける中で症状の改善状況をみながら調整し、何回も何回もマッサージの方法を変えてやらなければならないようです。

     

    確かに薬は一切飲ませずに治療することはできましたが、逆にマッサージ代はどんでもない金額に!!(笑)これはたいへんだなぁ・・・・と思っていたそのとき!ネットで発見したのは

     

    「ママ自身で家でできる!中医ベビーマッサージ講座」

     

    そうか!これなら家計の負担を減らせるかも!という打算で(笑)、とりあえず参加してみることにしました。

     

    (続く)

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM